株式会社 ゼンヤ
建物環境に応じた防水工法をご提案し、高品質・高寿命な防水工事を行っております。

防水工事業

こんな症状があれば防水工事をおすすめします。

外壁や屋上など ひび割れや表面の剥がれ、塗膜等の浮きがあれば、建物の劣化が進行し
雨漏り等の原因になります。雨漏り等により水が建物にまわり出すと、浸食がすすみ、建物
を傷めます。

雨や直射日光にさらされる場所です。

防水層の破損や経年劣化による縮みやひび割れは直接水の
浸入を許すことになります。
様々な工法があり、状況に応じ適切な工法で施工致します。

横雨や壁を伝った水漏れを防ぐ

建物と窓の境に施してあるシーリングも経年劣化が進むと
弾力性が無くなり雨漏りの原因になります。
劣化したシーリングの打ち替えや増し打ちなど、状況に応
じ施工することで、雨風や壁等を伝った水の浸入を予防で
きます。

劣化した外壁等からの水の浸入を防ぐ

表面の塗膜や、コンクリート、鉄筋は長年、雨風にさらされ、少しずつ浸食・劣化が進んでいきます。
鉄筋の酸化(錆) による 浮きや剥がれ、ひび割れを適切に下地処理をおこない、水の浸入を防ぎ、防水型の塗膜を塗装し、保護力を強めます。

まずはお気軽にお問合せ下さい。

ページトップへ